インタラクション2021で深谷陸がインタラクティブ発表賞(PC推薦)を受賞

2021年3月10~12日にオンラインで開催された「インタラクション2021」にて、本研究室の学部3年・深谷陸がデモ発表した「境界面を持つホログラフィックディスプレイにおける傾きを入力としたインタフェース」がインタラクティブ発表賞(PC推薦)を受賞しました。

この研究は、リアルタイム流体シミュレーション技術を応用し、立体ディスプレイを揺らすとその中で仮想の液体が揺れ動く様を立体的に表示するもので、立体映像とのインタラクションにおける新しい手法を提案するものです。

情報処理学会HCI研究発表会で1件の発表

2021年3月15日〜3月16日に開催される、「情報処理学会 第192回ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)研究発表会」で、福地研より1件の発表があります。

  •  「仮想テニストレーニングシステムにおけるボール衝突時のラケット像の提示によるフィードバック手法の検討」石本岳, 福地健太郎

インタラクション2021で1件の発表

2021年3月10日〜3月12日に開催される、インタラクション技術に関するシンポジウム「インタラクション2021」では、福地研からは1件の発表(プレミアム・デモ発表1件)があります。ぜひお立ち寄りください。

  • 「境界面を持つホログラフィックディスプレイにおける傾きを入力としたインタフェース」深谷 陸, 福地健太郎(3/12 デモ発表 3A02)

『VR能 攻殻機動隊』再演のお知らせ

This image has an empty alt attribute; its file name is ogp.jpg

福地研究室が技術協力し、2020年に上演し好評を博した舞台『VR能 攻殻機動隊』の再演が決定しました。

会場は東京芸術劇場プレイハウスで、公演日程は5月3・4日となります。詳しくは公式サイトおよび各プレイガイドをご確認ください。

関連ページ

「Ghostgram」が第4回羽倉賞ノミネート賞を受賞

一般財団法人最先端表現技術推進協会が最先端の表現技術を活用した「作品」および「取り組み」を通して社会に貢献した功績を表彰する「羽倉賞」のノミネート賞に、本研究室が東京大学および株式会社 EVISIONと共同で舞台『VR能 攻殻機動隊』のために開発した「Ghostgram」が選ばれ、11月19日に表彰されました。

本研究室の技術が羽倉賞で表彰されるのは、昨年度に引き続き2度目となります。