インタラクション2020で1件の発表

2020年3月9日〜3月11日に開催される、インタラクション技術に関するシンポジウム「インタラクション2020」では、福地研からは1件の発表(デモ発表1件)があります。ぜひお立ち寄りください。

  • 「簡易モーションキャプチャ機器による 3D アバタの定型ポーズ入力支援システム」石本岳, 福地健太郎(3/11 デモ発表 3B-13)

『3D能』の映像技術が第3回羽倉賞・奨励賞を受賞

一般財団法人最先端表現技術推進協会が最先端の表現技術を活用した「作品」および「取り組み」を通して社会に貢献した功績を表彰する「羽倉賞」の奨励賞に、本研究室で取り組んできた『3D能』の技術が選ばれ、11月14日に表彰されました。

今回の表彰を受けたのは、2019年5月にベネチア・ゴルドーニ劇場で上演され好評を博した『3D Nō』で用いられた技術が対象です。幻想的な舞台を作り上げた映像生成技術、また日本の伝統芸能を世界に伝える取り組みが評価されました。

第24回日本バーチャルリアリティ学会大会で4件の発表

2019年9月11日(水)~13日(金)に東京大学本郷キャンパスで開催される、バーチャルリアリティにおける技術や文化に関する国内学会「第24回バーチャルリアリティ学会大会」において、福地研から4件の発表をいたします。

  • 「対話型授業により受講者の同調を促す没入型講義システムの提案」田澤美智子, 福地健太郎(9/11 登壇・ポスター発表, 9/13 デモ発表 1D-01)
  • 「落語初心者向けに仮想落語家体験を提供するバーチャル高座システムの提案」湯浅賢悟, 福地健太郎(9/11 登壇・ポスター発表, 9/13 デモ発表 1D-02)
  • 「大人数仮想キャラクターの表情デフォルメによる視認性向上手法の提案およびプレゼンテーション練習システムへの応用」和田毬那, 福地健太郎(9/11 登壇・ポスター発表, 9/13 デモ発表 1D-03)
  • 「患者の3DCGモデルと手術室の全天球画像を内視鏡姿勢に連動させた視覚刺激による内視鏡外科手術支援システム」小川真智子, 福地健太郎(9/12 登壇・ポスター発表, 9/13 デモ発表 6D-03)