『3D能』の映像技術が第3回羽倉賞・奨励賞を受賞

一般財団法人最先端表現技術推進協会が最先端の表現技術を活用した「作品」および「取り組み」を通して社会に貢献した功績を表彰する「羽倉賞」の奨励賞に、本研究室で取り組んできた『3D能』の技術が選ばれ、11月14日に表彰されました。

今回の表彰を受けたのは、2019年5月にベネチア・ゴルドーニ劇場で上演され好評を博した『3D Nō』で用いられた技術が対象です。幻想的な舞台を作り上げた映像生成技術、また日本の伝統芸能を世界に伝える取り組みが評価されました。

「第13回芸協らくごまつり」出展のお知らせ

2019年5月26日(日)に新宿の芸能花伝舎にて開催される、落語芸術協会主催「第13回芸協らくごまつり」にて、福地研究室で研究を進めている「VR落語」を出展いたします。

今回は笑福亭羽光さん監修のもと、大幅にパワーアップしたVR落語をお届けします。無料でお楽しみいただけますので、ぜひご来場ください。

日時:
2019年5月26日(日) 10:00〜16:00
会場:
新宿・芸能花伝舎
VR落語は「芸人屋台・見世物小屋」のエリアで出展しています

関連

舞台『3D Nō』ベネチア公演のお知らせ

明治大学総合数理学部福地研究室は、2019年5月7日(月)にベネチアのゴルドーニ劇場にて上演される『3D Nō』へ技術協力いたします。

2017年にGINZA SIX観世能楽堂、2018年にヴェルサイユ内オペラハウスなどで上演され、国内外で好評を博した能×3D映像演出の最新作『3D Nō』が、イタリアはベネチア市のゴルドーニ劇場で上演されることとなりました。

今回の公演では、「葵上」「船弁慶」を上演します。「葵上」は昨年12月の東京芸術劇場シアターイーストにて上演したスペシャル版を基に、さらに進化した演出をお届けします。

会場
Teatro Goldoni
日時
2019年5月7日(月)現地時間18:00開演
チケット情報ほか
Teatro Stabile del Veneto Carlo Goldoni